サムシング・フォーを意識してみて。

結婚式が決まったら…

結婚式が決まり、少しずつでも形が出来上がってきたら、ぜひ考えてみてほしいものがあります。
それは「サムシング・フォー」。
「サムシング・フォー」とは、花嫁が身に着けると幸せになると言われている4つのもので、ヨーロッパでは伝統として受け継がれているものです。
最近はこのサムシング・フォーを意識して結婚式に臨む花嫁が増えましたよね。
日本の伝統じゃないから…と思う人いるかもしれませんが、このサムシング・フォーはなんとなくロマンティックな感じもある伝統ですし、「幸福な結婚生活を得るためのおまじない」でもありますので、ぜひ意識をしてみてください。
では、サムシング・フォーとはどういったものなのでしょうか。

サムシング・フォーってどんなもの?

サムシング・フォーは、以下の4つを花嫁が身に着けるというもの。
・古いもの
・新しいもの
・借りたもの
・青いもの
そんなに難しくないと思いませんか?
古いものは母や祖母から何かを借りてつければいいですし、新しいものは何か新しいものを新調して身につければいいです。
借りたものは、ウェディングドレスがレンタルならそれだけで借りたものになりますよね。
そして、もっとも有名なのが「サムシング・ブルー」です。
「サムシング・ブルー」がなぜ有名なのかと言うと、あのダイアナ妃が婚約指輪としてもらったものが「ブルーのサファイア」であるため。
婚約指輪と言えばダイヤモンドを連想しますが、サファイアというのも素敵ですよね。
この「サムシング・ブルー」にならって、今は結婚指輪の内側に小さなサファイアが入っていたり、婚約指輪をあえてサファイアにするという人も増えています。
誕生石がサファイアだったりすると、なおさらサファイアに愛着がわきますよね。
こういった習わしを結婚式に持ち込んでみるのも素敵。
ぜひ、興味がある方はこの「サムシング・フォー」を意識してみて下さい。

結婚式は一生に一度の思い出になるもの。
その一生に一度の思い出に、このサムシング・フォーを入れることで、ますます忘れられない1日になるのではないでしょうか。ぜひ、色々な人にこのサムシング・フォーを意識してみてほしいです。
きっと、結婚式のいい思い出になりますよ。そして、このサムシング・フォーをまだ見ぬお子さんについでいくことができるといいですよね。
ヨーロッパの素敵な伝統、サムシング・フォーをぜひとも結婚式に取り入れ、当日は素敵な花嫁さんになってみて下さいね。